『巨匠神話』『だれがクラシックをだめにしたか』などの著書でお馴染みのロンドンの音楽評論家、ノーマン・レブレヒト氏が、昨年11月から今年1月頭にかけて、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートについて自身のブログで痛烈に批判している。歯に絹着せぬ発言を連発するお騒がせジャーナリストのレブレヒト氏だが、今回は今までにない程にブログのコメント欄が荒れており、しかも反対意見に対しては真っ向から対決姿勢を見せるなど、大変に清々しい態度を取っている。さすが、強固な信念を持っていらっしゃる、音楽評論家の鑑だ。

slipped-disc-top


厳密には、ニューイヤーコンサート批判というよりも、もっと大きくウィーン・フィル批判なのだが、この際どちらでも良い。僕がここで彼の言説を取り上げ紹介したい理由は、彼はウィーン・フィルというオーケストラを題材にして非常に難しく且つ重要な文化問題・社会問題を扱っているからであり、また日本という国は信じられないほどウィーンの音楽を愛し、憧れ、崇敬する国であるにもかかわらず、この話題があまり取り沙汰されていないからだ。僕自身もウィーン・フィルの音楽が大好きで、ウィーン現地でも来日公演でも聴いているし、オーケストラから楽団員伝統の室内楽まで幅広く録音を愛聴している。そのどれもが美しい音色で心揺さぶる音楽であることは確かだ。ではレブレヒト氏は一体何をそんなに批判しているのかというと、「ウィーン・フィルは人種差別主義、女性差別主義、エリート主義、意地悪で卑劣なウィーン気質を、ニューイヤーコンサートという世界中のテレビを盛り上げる楽しい番組を使って隠蔽しようとしている」というのだ。


事の発端は、メータが指揮する2015年のニューイヤーコンサートのプログラム変更から。日本では毎年恒例元旦の夜にNHKで放送されるこのコンサート、今年もご覧になった方も多いと思うが、シベリウスの楽曲は演奏されていなかったはずだ。レブレヒト曰く、ウィーン・フィルは、本当はシベリウス生誕150周年のアニバーサリーイヤーの皮切りに、ニューイヤーコンサートでシベリウスの「悲しきワルツ」を演奏する予定だったらしい。しかし、ヨーロッパの著作権事情(死語70年らしい)を失念していたウィーン・フィル側が、多額の権利料を支払わなければならないことを理由に楽曲の変更を決定。これもあくまでレブレヒト氏のブログがソースだが、同じ北欧の音楽基金団体からがっぽりお金を貰って懐を温めているくせに、シベリウスの権利団体に支払うのをケチっておいて、当のオーケストラ側は「誠に残念ながら、著作権の関係でプログラムの変更を余儀無くされました」というアナウンスを出したとのこと。クラシック音楽界の情報通レブレヒト氏は、どこかから仕入れてきたこの狡いやり方を聞いて大激怒。「恥を知れ」とウィーン・フィル批判記事をアップしたのが11月17日のことだ(元記事→False triste as mean Vienna Philharmonic blanks out Sibelius)


そんなレブレヒト氏が、本腰を入れて批判に取り組んだものが、英Spectator誌に寄稿した記事、“The Nazi origins of the Vienna Phil’s New Year’s Day concert” (ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートはナチス起源)だ。この記事はなかなか興味深いので、関心のある方はぜひ元記事を読んでいただきたいのだが、要はウィーン・フィルはナチスに迎合してきた歴史を持っているが、それをずっと隠し続けている、という内容だ。以下にレブレヒト氏の意見や史実をまとめてみたので、ご一読いただきたい。

spectator-naziorigin


時はナチス政権下、ヒトラーがウィーンに来るとなった際、ウィーン・フィルはユダヤ系と左派の奏者を解雇したという事実がある。マーラーをはじめ多くの音楽家をウィーンから追放して、また名指揮者カール・ベームに勧められるままオーストリア併合に賛成の意を示し、ナチスの文化的粛清に大いに寄与したのだとレブレヒト氏は語る。氏はカール・ベームについて、指揮者としては素晴らしいものを持っていることを認めているが、その思想や人格においては決して立派な人物ではなかったと考えているようだ。当時のコンサートマスターでロゼー四重奏団のリーダーとしても名高いアルノルト・ロゼーも、オーストリア併合後すぐにウィーン・フィルを追放されているし、多くの才能ある音楽家がウィーンを去ることを強要されたのである。


オーストリア併合後、ウィーンは一地方都市ということになり、オーケストラの権威も喪失の危機に陥った。ナチスのウィーン大管区指導者である政治家シーラッハは、ウィーンを芸術の都として存続させようと様々な優秀な音楽家をウィーンに招聘することに努めた人物でもあるが、同時にウィーンから大勢のユダヤ人を追放した人物でもある。多くの音楽家たちがシーラッハに媚び諂い、また多くのユダヤ人音楽家がシーラッハによって収容所に送られ、殺された。そんなシーラッハが1939年12月31日に戦争資金のためのチャリティーとして開催したのがシュトラウス・ファミリーの音楽を演奏するコンサートであり、後に1月1日に行われニューイヤーコンサートとなったのだ。初回からしばらく指揮を務めたクレメンス・クラウスはナチスに反抗しなかった指揮者として有名であり(後年になって当時のナチスに対する態度を振り返って後悔したらしい)、1955年から、ナチスとは無関係のウィリー・ボスコフスキーが指揮をするようになった。

ウィーンのユダヤ人追放に関与した政治家、バルドゥール・フォン・シーラッハ

ウィーンのユダヤ人追放に関与した政治家、バルドゥール・フォン・シーラッハ

こうしたウィーン・フィルとシーラッハに関する事実などは、近年、歴史学者ハラルド・ヴァルザーが明らかにするまで、ずっと隠し通されていた。ウィーン・フィルのユダヤ系メンバーがナチスによって収容所に送られ殺されているのに、ウィーン・フィルは彼らの慰霊をすることもなく、しかも戦犯であるシーラッハにオーナーリングまで贈呈しているとヴァルザーは指摘したのだ。シーラッハ以外にも、オランダで大量のユダヤ人を収容所送りにしたオーストリアの政治家ザイス=インクヴァルトや、アウシュヴィッツまでユダヤ人を送り込んだドイツ国営鉄道のトップなども、ウィーン・フィルのオーナーリングを授与されている。彼らへのリングの授与が取り消しになったのは2013年になってからのことだ。もちろんこうした指摘に対して、ウィーン・フィル側はナチスとの関連を否定するコメントを出している。


レブレヒトのウィーン・フィル「ニューイヤーコンサート」批判(後編)へ

ニューイヤー・コンサート2015 ニューイヤー・コンサート2015
ズービン・メータ(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

SMJ 2015-01-20
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る by AZlink

巨匠(マエストロ)神話―だれがカラヤンを帝王にしたのか 巨匠(マエストロ)神話―だれがカラヤンを帝王にしたのか
ノーマン レブレヒト,Norman Lebrecht,河津 一哉,横佩 道彦

文藝春秋
売り上げランキング : 304711

Amazonで詳しく見る by AZlink