都内在住のクラシック・ファンです。普段は音源収集とコンサートと、ひたすら聴くだけ、ときどきピアノ弾いたり、ドラム叩いたり、作曲・編曲したりします。


中学生の頃、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」を聴いて、「クラシックってすごい!」と思って以降、色々と聴き漁るように。思い入れは「皇帝」が一番強いけど、最愛の曲はルービンシュタインが弾くショパンのバラード第1番。クラシックなら大体なんでも好きですが、中でも好きなジャンルは、協奏曲(特にピアノ)・弦楽四重奏曲、ピアノ曲、英国作曲家の曲。ほか関心の強いものは、モーツァルト、シューベルト、シューマン、ドビュッシー、ブルックナー、ヴォーン=ウィリアムズ、ショーソン。指揮者ならワルター、バルビローリ、アンセルメ、トスカニーニ、シューリヒト、プレートル、アバド、フェドセーエフ。演奏家ならルービンシュタイン、コルトー、シュナーベル、ティボー、ヒンク、コーガン、グリュミオー、フルニエ、ブロシェク。演奏団体ならウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン弦楽四重奏団、アマデウス弦楽四重奏団。最近気になるのはダニエレ・ガッティとフランツ・ウェルザー=メスト。あとはマルク=アンドレ・アムラン。ゆるゆると、好きな音楽を聴いて、ちょこちょこ文章を書いていきます。