アヴェ・マリア~ドミンゴとウィーン少年合唱団 アヴェ・マリア~ドミンゴとウィーン少年合唱団
ドミンゴ(プラシド)&ウィーン少年合唱団,ドミンゴ(プラシド),ウィーン少年合唱団,ウィーン合唱団,ルター,ヘンデル,フォーレ,アイブラー,フロシャウアー(ヘルムート),ウィーン交響楽団,ゾンライトナー(ヨハン)

BMG JAPAN
売り上げランキング : 21291

Amazonで詳しく見る by AZlink

シューベルト アヴェ・マリア(エレンの歌第3番 作品52-6 D.839)


あまりにも有名なシューベルトの美しい歌曲、アヴェ・マリア。
「アヴェ・マリア」(Ave Maria!)とは日本語では「めでたしマリア様」という意味。
聖母マリアに祈りを捧げる歌ではあるが、いわゆる宗教音楽ではないので注意。ウォルター・スコットの叙事詩「湖上の美人」をもとに、シューベルトが7曲の歌曲を作った。そのうちの第6曲であり、エレンという人物が出てくる歌の第3番であるため「エレンの歌第3番」とも呼ばれる。
ところで、僕がブログに曲の紹介を書くときは、特にそれが有名な曲の場合、「この曲には本来こういう意味があります、でも、そんなのはどうでも良いので、ただ単に聞けば良い曲だなあと思いますよ」といったスタンスを取るのだが、これは正直な僕の気持ちの反映である。
この曲にしても、しっかりと意味を理解して聴くもよし、そうでなくなんとなく耳を傾けるだけでもよし、そう、音楽はいつも懐が深く、誰にでも門を開いているのだ。
そういう前置きをしっかりと語っておいた上で、この曲の深奥に迫ってみよう。といっても、スコットの叙事詩はなかなか長いので、できるだけピンポイントで、かつ短文で!


エレン父娘は、国王の仇討から逃れるために、スコットランドはハイランドの洞窟に身を隠し、ハイランドの族長ロデリックに匿われていた。エレンはこの窮地に、聖母マリアに祈りを捧げる。その祈りの歌は、戦いのため遠く離れた山奥にいたロデリックにまでも届いた。
なんていうお話。歌詞はこちら
祈りのシチュエーションがわかると、この曲がもっともっと美しく響くだろう。日々の安寧や幸福を感謝する祈りではない。これは心から救いを求める者の祈りなのだ。
シューベルトのアヴェ・マリアは、何よりその旋律の美しさが魅力。聴く者は、旋律美と声の響きにうっとりするものだ。
もちろん、それで何も問題はない。ただ、できればエレンに感情移入して、己の悲しみを、誰かの悲しみを、逆境を、苦境を――今の世の中を見て僕は祈りたいことが山ほどあるが――祈って聴いてみても良いと思うのだ。
これは人を鼓舞するようなものではないし、あまり元気を与えるというベクトルのものではない。
静かな、そして敬虔な乙女の祈り。しかしその祈りは強く心に響く。